HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

十二神将立像

 数日顔を見ていない幼馴染の仏師を心配して差し入れを持って家に行く。母に頼まれたからだ。明日の朝じゃだめなのかと渋ると、また食べずに制作し続けて倒れてたら困るからと押し切られた。
 仕方なく隣家の門をくぐる。灯りが漏れているから倒れていることはないだろう。近づくと、中から話し声が聞こえた。どうせ独り言だろうと思って、私は遠慮なく戸を開ける。
「弥平、生きてるー?」
 軽く声をかけて、私はぽかんと口を開けた。狭い家には、鎧を身につけた屈強な男たちが十二人。それと、幼馴染の弥平。みんなが一斉に私を見た。
「お邪魔しました・・・」
 私は、そのままそっと戸を閉めようとした。
「待って」
 弥平が駆け寄って、私の腕を掴む。
「助けて、節ちゃん」
「な、なに?」
 泣きそうな顔で頼られると強く跳ね返せない。
「十二神将の像が動き出したんだよ」
「はあ?」
 何を言ってるのかと目を眇める私を、大きな影が見下ろした。
「ほぅ、なかなかかわいいじゃないか」
「弥平さんも隅に置けませんねぇ」
「かわいいか? 別に大したことないだろ?」
「俺は伐折羅。よろしくな、節!」
 囲まれた私は、頭を撫でられたり、失礼なことを言われたり、手を握られたり。
 押しのけられ倒れた弥平が、足元でうめき声をあげた。私はばっとしゃがむと、弥平の肩を掴み、ぐらぐらと揺らす。
「これ何なの? どういうことか説明しなさいよっ!」
「だから、彫り上がった十二神将が動き出したんだってば」
「だ、か、ら! それがどういうことかって聞いてるのよ!」
「わからないんだよ。助けてよ、節ちゃん!」
「無理!」
 私は弥平から手を離す。立ち上がって回れ右をした・・・つもりだった。
「まぁとにかく中に入れよ」
 軽々と私を肩に担ぎ上げた鎧男(十二神将?)の一人が、そう言ってぴしゃりと戸を閉めた。別の一人に引きずられた弥平を、あとで覚えてなさいよと睨むと、ううぅと情けない声が返ってきた。
 それが私と十二神将の出会いだ。自分たちが守護するに最もふさわしい薬師如来像を探す彼らに付き合わされて、私は諸国を巡る旅に出ることになる。それもこれも、弥平が彼らに見合う薬師如来像を作れないせいだ。私は十二神将に振り回されながら、故郷で薬師如来像を彫り続けている弥平を遠い空から罵る毎日だ。
「ほんとに、帰ったら覚えてなさいよ!」
2017.07.16 13:17(Sun)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |

巻貝の緑

 右に五回。左に千回。
 冷蔵庫から流れてきた水が作った小さな海を、ぐるぐるとかき混ぜて波を起こす。発生した雲を割り箸で絡め取り、幅木に貼り付けて入道雲にした。
 翌朝フローリングの浜には小さな巻貝が打ち上げられていた。そっと拾うと、貝殻の縁がかびていた。この緑は藻ではなかったようだ。
 私は冷蔵庫に巻貝を戻す。もう何度目だろう。私は何人目だろう。
 それから、海をかき混ぜる。
 右に五回。左に千回。
2017.06.23 02:22(Fri)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |

まだ六月の朝

 天窓の薄い光が布団の上に格子模様を作る。繰り返し指でなぞると、だんだんと線が濃くなっていく。影が夏の色になるまで、私は起き上がれない。ため息はそっと前髪を揺らし、雲にもなれずに消えていった。
2017.06.17 01:23(Sat)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |

おかしのいえ

 魔女は目が悪いふりをしていました。ヘンゼルが指の代わりに骨を差し出すのも、グレーテルがお菓子をつまみ食いしているのも、知っていました。子どもたちは自分を狩るために村から送り込まれてきたのではないか、と疑っていたのです。だから、食べてやるなどと脅しました。しかし、しばらく過ごすうちに、子どもたちが本当にただの迷子だと魔女にもわかってきました。
 痩せ細っていたヘンゼルが健康的になったころ、魔女はグレーテルにいつもより豪華なごちそうを作る用意をさせます。ヘンゼルを檻から出し、本当のことを話し、二人を村まで送り届けるつもりでした。二人が希望するならここで一緒に暮らして構わないとさえ思っていたのです。
 グレーテルは魔女の本心を知りません。ヘンゼルを食べるための準備をさせられていると思い、なんとかしなくてはと必死に考えます。
 後は皆さんがご存知の通りです。
2017.06.03 07:36(Sat)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |

 おじいさんの尾とおじさんの尾は違う。おじいさんの尾とおとうさんの尾は同じだから、おとうさんの尾とおじさんの尾も違う。
「兄弟なのに、なんで違うの?」
 そう聞くと、おじさんは「秘密だぞ」と耳打ちしてくれた。
「おじさんはおとうとだからさ」
 僕にはまだ尾が生えていない。おにいさんになれますようにと、毎晩流れ星の尾に祈っている。





---------------
「20周年!もうすぐオトナの超短編」
タカスギシンタロ選(1)自由題投稿作
http://inkfish.txt-nifty.com/diary/2017/02/20-acd9.html

結果
自由題部門 優秀作品
http://inkfish.txt-nifty.com/diary/2017/05/post-fa2f.html
2017.05.23 20:10(Tue)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |

季節切り替えのお知らせ

お客様各位

 平素は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
 暦の進行に伴いまして、今年も夏をはじめることとなりました。今週末を目処に順次夏に切り替えていく予定です。地域ごとの具体的な日時は改めて個別にご連絡いたします。
 夏への切り替えによりお客様ご自身で準備していただくことがございます。お手数をおかけいたしますが、下記の「夏切り替えの手順」を参考にご対応をお願いいたします。
 今年度の夏の主な天候スケジュール、さらに夏以降の計画につきましては、弊社ウェブサイトで公開しております。変更がありましたら随時更新しますので、ご参照ください。
 お客様が夏を満喫していただけるよう、弊社のSNSアカウントでは旬の情報を配信しております。この機会にぜひフォローしてみてください。
 今後とも弊社サービスをどうぞよろしくお願い申し上げます。
2017.05.20 13:35(Sat)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |

さようなら私たち

 気がつくと足元にたくさんの遺体があった。全員が私だ。刀か鉈か、わからないけれど、背中がぱっくりと割れている。
「だいじょうぶ?」
 どう見ても死んでいるのに、呆然としたまま尋ねると、遺体が痛いと答えた。
「痛いよ、痛い」
「だめだ。みな、涙目だ」
 遺体は口々に訴える。
 それは段々と言葉にならないうめき声に変わった。私は耳を塞いだけれど、何の意味もない。自分の内側からも声は聞こえているのだ。
 突然、カッコウの声が響いた。うめき声がぴたりと止む。澄んだ空気に遺体が溶けていく。霞んだ視界が開けて来たとき、電線にとまる鳥を見つけた。
「カッコウ」
 思ったよりも大きな鳥が身を揺らしている。
 近寄ろうとすると、どさどさと空から大きなものが降ってきた。たくさんの遺体。全員が私だ。
 私はカッコウを探す。くぐもった声を頼りに助け出そうとしたけれど、遅かった。十は鳴かず、私の遺体の下、わずかな羽音。静寂が訪れるまでは一瞬だった。
 気がつくと私は足元に倒れている。刀か鉈か、わからないけれど、何かをぎゅっと握りしめていた。





--------------------
「回文超短編」投稿作
http://inkfish.txt-nifty.com/diary/2017/02/post-ba53.html

・入っている回文
刀か鉈か(かたなかなたか)
遺体が痛い(いたいがいたい)
痛いよ、痛い(いたいよいたい)
だめだ。みな、涙目だ(だめだみななみだめだ)
十は鳴かず、私の遺体の下、わずかな羽音(とおはなかずわたしのいたいのしたわずかなはおと)

結果
http://inkfish.txt-nifty.com/diary/2017/04/post-5e8d.html
千百十一賞受賞
2017.04.16 20:38(Sun)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |

春の夜

 帰り道、風に舞う花びらを目で追うと、夜空には大きな文字が浮かんでいた。
「読める?」
 手を引いて彼の耳元で聞く。
「あれ文字なの?」
「たぶんね」
「なんだ、君だって読めないんじゃないか」
 彼はそう言って、私のお気に入りの角度で笑った。
 繋いだままの指で空の文字をなぞる。払い、点、点、払い。
「どんなことが書いてあるんだろうな」
 点、横、払い。なぞりながら「たーぶーん」と抑揚をつける。
「世の中にない何かなのよ」



--------------
回文超短編
http://inkfish.txt-nifty.com/diary/2017/02/post-ba53.html

イベントで考えた回文「世の中にない何かなのよ」を、超短編に仕立てたもの。


2017.04.15 21:56(Sat)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |

春は雨、桜

 人差し指と親指を立てて銃を作る。そして、銃口を空に向けた。
 私の頭上には大きな水風船がある。
「バンッ」
 声に出さずに、引き金を引く。
 はらはらと桜が舞い散って、雨が降る。水風船はさらに膨らんだ。
2017.04.10 20:09(Mon)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |

二月十八日

 キウイフルーツの種と黒胡麻を差し替えるような仕事。
2017.02.18 15:56(Sat)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
| 1 / 40 | >>

アーカイブ

作品検索