HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

日が沈む

 オレンジ色の大きな夕日が沈むのをずっと見ていた。
 屋根の上に、君の猫と一緒に座って、ずっと見ていた。
 もしかしたら、屋根がどんどん高くのぼっていっているのかもしれない。
 僕の考えなんかお見通しさとでも言うように、君の猫は笑った。


豆本「君と僕と君の猫」と同じシリーズ。

2002.07.17 01:29(Wed)| カテゴリー:ベリィショート | 個別表示 |
<< ピコット(試し読み版)- 奥付 | 最新タイトル | 微熱の効果 >>

タイトル

アーカイブ

作品検索