HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

良いクラッカー

良いクラッカー

 バスを待っていると、肩を叩かれる。振り返ると、うさぎ。白の。二本足で立つ背丈は私と同じくらい。
「一本選べ」
 うさぎは糸の束を差し出す。無表情で怖い。
「さあ選べ」
 ぐいっと目の前に手を突きつけられて、反論できず、私は糸を一本つまんだ。
「それか! そうきたか! よし。しっかり持ってろよ。ぎゅっとだ。いいか?」
 うさぎは私の目を覗き込む。怖い。私は糸をぎゅっと握った。
「いいか?」
 私はうなずく。
 うさぎは後ろにジャンプ。
 束の元はうさぎが持っていたから、私の握った糸はひっぱられる。
 っぱーん!
 破裂音が響いて、うさぎはぼーんと飛んでいった。
 紙ふぶきが舞う中、バスが来る。私は乗り込む。今日は良いことがあるような気がする。

三里さんのところから。
創作家さんに10個のお題
http://note25page.seesaa.net/article/130126889.html



豆本「超短編豆本 柊ノ巻」収録



鳴らない(あるいは良くないクラッカー)

 バスを待っていると、肩を叩かれる。振り返ると、うさぎ。白の。二本足で立つ背丈は私と同じくらい。
「一本選べ」
 うさぎは糸の束を差し出す。無表情で怖い。
「さあ選べ」
 ぐいっと目の前に手を突きつけられて、反論できず、私は糸を一本つまんだ。
「それか! そうきたか! よし。しっかり持ってろよ。ぎゅっとだ。いいか?」
 うさぎは私の目を覗き込む。怖い。私は糸をぎゅっと握った。
「いいか?」
 私はうなずく。
 うさぎは後ろにジャンプ。
 束の元はうさぎが持っていたから、私の握った糸はひっぱられる。
 うさぎは歩道の植え込みにどさっと落ちた。
「残念だったな」
 うさぎが言うと、バスが来る。私は乗り込む。今日は良いことがないような気がする。

同じく。
創作家さんに10個のお題
http://note25page.seesaa.net/article/130126889.html

2009.10.14 01:21(Wed)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 微量の銀 | 最新タイトル | ビスケット色 >>

タイトル

アーカイブ

作品検索