HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

ゆらりゆらら

 防波堤の上を歩いていた。夜。波の音に慣れてしまえば、冬の海はとても静かだ。中途半端な形の月が後ろから僕らを照らす。車道に落ちる影。僕のコートと彼女の髪が、風を受けて膨らんでは萎む。潮の匂いも冷たい。
 腕に硬いものが当たる。振り返ると、彼女がペットボトルを差し出していた。
「この場所?」
「うん」
 彼女はうなずいて足元を指差す。小さな白い丸のしるしがペンキで描かれていた。
「開けるよ」
「うん」
 今夜のために用意した炭酸飲料だ。フタを回すとプシュッと軽い音がして、透明な液体の中を細かい泡が上った。そのままフタを外して彼女に渡す。
「先にいいよ」
「ありがと」
 受け取った彼女は一気に半分飲み干す。その残りを僕はやっぱり一気に飲み干した。ほんの少しだけ甘い。
 海に向かって立ち、僕らは手をつなぐ。
「せーのっ」
 掛け声に合わせてジャンプする僕らを、たくさんの細かい泡がするすると宙に押し上げた。シュワシュワと弾ける泡の上から海を見下ろして、僕らは笑顔をかわす。空のペットボトルに月光を集めてもっと遠くまで行こう。

五十嵐さんのところから。
瓢箪堂のお題倉庫
http://maruta.be/keren/3164

製品カタログ19「パンドラ」収録


2010.02.13 01:28(Sat)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 自伝 | 最新タイトル | オレンジ色の人 >>

タイトル

アーカイブ

作品検索