HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

黒猫が鳴いている

「黒猫が鳴いている」
 特に話すこともなくて思いついたまま僕はそう言った。部屋の外からずっと猫の鳴き声がしている。うるさいくらいだけれど、それが今はありがたかった。退院したばかりの彼女は布団に寝たまま、気のない様子で聞いた。
「どうして? なんで黒猫だってわかるの?」
 確かに、鳴き声だけで猫の毛色なんてわからない。
「ここに来るとき黒猫が外にいたから、鳴いているのはあの猫だろ」
 階段の影に溶け込むように、真っ黒い猫が寝そべっていた。
「黒猫なわけないじゃない」
 彼女はそう言って寝返りをうって僕に背を向ける。強い口調だった。
「あれは赤ちゃんの声よ」
 小刻みに震える肩が、泣いているのか笑っているのか、僕にはわからなかった。



豆本「きみがわるい」収録。

2012.08.19 23:05(Sun)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 八月十九日 | 最新タイトル | シェルター >>

タイトル

アーカイブ

作品検索