HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

綿あめの糸

 彼は綿あめの糸で巻いて彼女を閉じ込めたいと思ったのですが、それは無理な話でした。彼女はすり抜けてしまうでしょう。わかっていたので彼は彼女を閉じ込めようとはしませんでした。
 彼女は彼に要求します。
「足を三本、腕を三本、ちょうだい」
「僕の?」
「他に誰がいるっていうの?」
 一オクターブ高くなる彼女の声に、彼はため息をつきました。
 閉じ込めてしまえないなら出て行ってくれたらいいのにと思うのですが、本当にそうなってしまったら嘆き悲しむに違いありません。それもわかっていたので、彼は彼女の求めに応じて足と腕を差し出すのでした。








製品カタログ18「初夏の描き方」収録

2014.09.14 13:24(Sun)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< シュレディンガーの猫の小説 | 最新タイトル | カヌレ >>

タイトル

アーカイブ

作品検索