HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

旅行者たちと

 この辺りでは見慣れない恰好の二人組は、日本から来たと話した。
「ずっと東の国さ」
「まぁ西にずっと行っても着くだろうけど」
 客のほとんどが物珍しがって二人の話を聞いている。
「へー、そりゃまた遠くから」
「何のために?」
「世界中の狐を見てみたくて」
 背の高い方が頭を掻く。
「狐? お前さんたちのとこにはいないのかい?」
「いやいや」
 小太りの方が背の高い方を指差して、
「こいつが狐でね。自分みたいなのが他の国にもいないか知りたいんだと。俺はそのお供」
 そして、にやりと笑う。
「日本の狐は化けるのさ」
 隣の客が肩を叩いて、
「それじゃ、あんたは兎かい?」
「俺が兎だったら、出発した翌日にはこいつの腹の中だろうな」
「違いねぇ」
 皆で笑う。
「あんたたち、もう一杯どうだい? ギネスでいいかい?」
「そうだ、日本ではこういうとき何て言う?」
 日本から来た狐と狸は顔を見合わせ、手に持ったグラスを掲げる。
「乾杯!」
 それを皆が真似して、かつて砦だった石組み以外は何もない丘で「乾杯」と声が響く。風が吹き抜けると、月光を受けた草が波のようだった。




--------------------------------
「アイリッシュパブのほら話」への投稿作
小野塚力賞 受賞
http://inkfish.txt-nifty.com/diary/2014/10/post-2b9e.html

製品カタログ18「初夏の描き方」収録

2014.10.26 16:35(Sun)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 窓 | 最新タイトル | 朝 >>

タイトル

アーカイブ

作品検索