HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

赤いサファイア

 彼女の瞳の色が気に入らなくて、青い宝石を押し込んだ。しかし、彼女の流した涙に染まって、宝石は青から赤に変わってしまった。
 俺の表情から落胆を読み取り、彼女は少し困ったように笑った。それがまた癪に障って、俺は舌打ちをする。ますます笑みを深める彼女の瞼に乱暴に口付けて、目尻から溢れた涙を舐めると、苺の味がした。




第139回タイトル競作【選評】◎○○△

豆本「赤いサファイア」収録

2015.06.06 20:06(Sat)| カテゴリー:500文字の心臓 | 個別表示 |
<< 五月三十日 | 最新タイトル | 彫師の心意気 >>

タイトル

アーカイブ

作品検索