HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

愛の夢

 眩しい。視界一面の白。左右の壁と天井は緩やかに波打ち、光を放つ。前後は白い闇。トンネルのようだった。
 足元には百合が敷き詰められている。薄い磁器の白い花。それを裸足で踏みながら、私は歩いている。
 細く高い音を立てながら割れる花は香らない。代わりに、足から流れる血の匂いがまとわりつく。冷たかった花びらの感触は、痛みの熱さに消える。ぬるぬると滑り、何度も転び、あちこち傷だらけだ。
 いつから、どうやって、なぜ、私はここにいるのだろう。何のために。
 考えても分からないから歩き続けているけれど、出口は全く見えてこなかった。







製品カタログ19「パンドラ」収録


2015.09.19 15:28(Sat)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 玄関マット | 最新タイトル | 九月十九日 >>

タイトル

アーカイブ

作品検索