HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

十月病

 今年も十月を踏んづけた。溶けたチョコレートが流れてくる。その上を電車がやってきて、私の目の前で止まった。一車両だけの電車には誰も乗っていない。止まったけれど、ドアは開かない。開けるためのボタンもない。戸惑う私を置き去りにしてベルが鳴る。電車は発車する。引きずられるように、チョコレートも流れていく。ただ甘い香りだけが残された。
2017.10.06 09:22(Fri)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 雨上がりのキラキラ | 最新タイトル | ポイント >>

タイトル

アーカイブ

作品検索