HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

魔女の嗜み 第四話 日本酒を少々

 四度目のデートは郊外まで車で出かけた。目的は日本酒の酒蔵だ。お見合いの席で魔法の話題になったとき、彼女が「日本酒も少々」と話していたからだ。
 少し離れた大きな駐車場に誘導され、酒蔵までは送迎バスで移動した。通りに面した古めかしい入り口には、青々とした新しい杉玉が吊るされている。新酒の試飲イベントなのだ。
 受付順にグループに振り分けられて、酒造りの工程を見学する。最後に試飲コーナーがあった。僕は運転手を示すシールを胸に貼られていて飲めない。彼女はおいしそうに全ての酒を試飲していた。
「私ばっかりごめんなさい」
 ほんのり頬を染めた彼女は、売店で仕込みに使われている天然水の瓶詰を買った。
「おみやげ、私の魔法で作った日本酒でもいいですか?」
「ええ、もちろんです!」
 彼女は微笑むと、瓶を軽く振る。ぱっと見では日本酒かどうかわからない。差し出された瓶を受け取り、僕はおそるおそる尋ねる。
「せっかくなので、一緒に飲みませんか? 僕の部屋で」
 彼女は一層頬を赤くし、そっと俯くようにうなずいてくれた。


豆本「魔女の嗜み」収録(レイアウトの都合で、収録作は若干修正しています)

2018.09.03 23:56(Mon)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 魔女の嗜み 第三話 紅葉を少々 | 最新タイトル | 九月五日 >>

アーカイブ

作品検索