HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

魔女の嗜み 第二話 鳥を少々

 二度目のデートは大きな池のある公園にやってきた。秋風がどこかにある金木犀の香りを運ぶ。さざ波立った湖面に魚影がきらりと光る。
 僕らは手を繋いで橋を渡った。ボート乗り場で顔を見合わせ、二人揃って首を振る。カップルでボートに乗ると別れる都市伝説を彼女も知っていたかはわからない。
 スワンボートの脇を鴨が泳いでいく。沈んでしばらく顔を出さないのは鵜だろうか。一方、足元では僕らの間を鳩が邪魔する。そんな鳥たちを眺めながら、お見合いの席で魔法の話題になったとき、彼女が「鳥も少々」と話していたのを思い出す。
「そういえば、あなたの鳥はどんな鳥なんですか?」
「私、鳥はまだまだなんです。とてもお見せできるものじゃなくて」
「それなら余計に見せていただきたい。上達する前と後と両方見れるなんて贅沢でしょう?」
 重ねて請うと、彼女は困り顔でうなずいてくれた。
「少し離れていてください」
 彼女は落ちていた小さな羽毛を拾うと、くるくると指先で回してから空に放った。
 ばさばさっと大きな音がして、飛び立ったのは青鷺だった。僕は思わず、うわっと声を上げてしまう。彼女は申し訳なさそうにこちらを見ると、
「すみません。小さい方が難しいんです」


豆本「魔女の嗜み」収録(レイアウトの都合で、収録作は若干修正しています)


2018.09.02 15:42(Sun)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 魔女の嗜み 第一話 薔薇を少々 | 最新タイトル | 魔女の嗜み 第三話 紅葉を少々 >>

アーカイブ

作品検索