HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

非双方向コミュニケーションの顛末 ― (4)破裂

 帰宅した彼女は買い物袋を床に置いたまま、しばらく携帯電話を操作していた。元気がない様子で、いつもなら彼女が帰ってくるとぱっと明るくなる室内がどんよりとしている。
 携帯を放り出すようにテーブルに置き、大きなため息。
『何かあった? 大丈夫?』
 当然僕の声は届かない。
 彼女は買い物袋の中身を冷蔵庫にしまい、惣菜のパックはそのまま電子レンジに入れた。
 うなるように稼働するレンジをぼーっと見つめている。
 僕が周りをうろうろしているせいもあるのだろう。黒いもやが彼女の頭に埃のようについていた。このままだと頭痛に見舞われるかもしれない。
『どうしたらいいかな』
 払ってあげたくて手を伸ばすけれど、余計にもやが集まってしまい逆効果だった。
『しっしっ! あっち行けって!』
 彼女に近付かないように注意して意識を集中する。僕の影響で集まってくるくせに、僕の思い通りにはならない。
『くそっ!』
 悪態をついた瞬間。
 ぼんっ!
 大きな音がした。
『うわっ!』
「きゃっ!」
 僕と彼女の声が重なる。
「え、何? わ、やば」
 彼女は慌ててレンジのドアを開けた。
「うわぁー。爆発してるし」
 イカの天ぷらが破裂している。パックも変形して、庫内に衣が飛び散っていた。
「あー、びっくりした。何これ、イカって爆発するの?」
 途方に暮れたような顔が、段々と笑顔に変わる。くすくす笑う彼女の周りにはもう黒いもやはなかった。
 この爆発が僕の力なのか単なる偶然なのかわからないけれど。
 少しだけ元気を取り戻した彼女は破裂したイカ天をおいしそうに食べていた。
 そのあと「衣が取れない」と電子レンジの掃除に苦労していた彼女に、僕は少しだけ申し訳なく思った。
2019.04.29 21:41(Mon)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 非双方向コミュニケーションの顛末 ― (3)僕の定位置 | 最新タイトル | 瀕死の残高 >>

アーカイブ

作品検索