HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

非双方向コミュニケーションの顛末 ― (5)夢

 ベランダで物音がする。がさがさとポリ袋を丸めるような音だ。
 怖い。
 根拠もなくそう思う。
 でも気になる。
 見なければいいとわかっているのに自分の行動がコントロールできない。
 サッシは重く、なかなか開かない。
 その間もずっと音は鳴っている。
 怖い。
 それなのに、なんで私は苦労してベランダに出ようとしているのか。
 ガラス越しに人影が見える。ベランダの隅に座り込んでいるようだ。
 怖い。
 そう思いながら、私の手は止まらない。
 人影が私に気付く。
 こちらを振り向いたようだけれど、シルエットで顔もわからない。ふらりと立ち上がったら、ものすごく背が高い。
 サッシがわずかに開く。
 その隙間から影が私に手を伸ばす。
 怖い。
 そのとき、ドンッと大きな音が響いた。上階で大きなものが落下したような音。部屋が揺れたような気すらした。
 私は驚いて手を引っ込めたけれど、影も怯んだようだった。
 思う通りに体が動かせることに気付いた私は、とっさにサッシを閉めた。あんなに重かったサッシがぴしゃりと閉まる。
 もう一度ドンッと音が響く。
 勢いよく目を開けると暗かった。

 明るくなってからベランダに出る。当たり前だけれど何もなかった。
 身を乗り出して下を見ると、駐輪場の屋根にポリ袋が引っかかっているのが見えた。
 追いかけられたり、何かが侵入してくる夢はよく見るけれど、自分以外の力が助けになったのは初めてだったなと思う。
 現実のサッシは、いたって軽やかに動く。
 何の音だったんだろう。
 私は天井を見上げて首を傾げた。
2019.05.12 14:40(Sun)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< さつき病 | 最新タイトル | 立夏 >>

アーカイブ

作品検索