HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

秋の夜

 塀の上を三毛猫が歩いていた。黒の部分が多めの三毛猫だ。
 寝静まった街。人の気配はない。虫の声だけが途切れずに夜を彩っていた。
 ふと甘い香りが鼻を掠め、猫は立ち止まる。そこにぱらぱらと小さな花が降ってきた。金木犀だ。辺りを見回しても木はない。花が飛ばされるほどの風もない。
「翡翠」
 猫は虚空に声をかけた。ぱたぱたと動く尻尾は二つに割れている。
 返事の代わりに、今度は一握りもありそうな塊で花が降ってきた。
「翡翠」
 頭を振って小山になった花を落とし、猫は再度呼びかける。険のある声音だった。
 彼を知っている者が見たら「珍しい」と驚くだろう。しかし元凶は彼の不機嫌を気にも留めなかった。
 笑い声とともに和装の男が宙に現れる。男は半透明で、背後の夜空が透けて見えていた。
「湖冬、愉快な形だな」
「誰のせいだと」
 落としきれなかった花をつけたまま恨めしげに見上げる湖冬に、翡翠は片手を挙げる。
「ああ、私が悪かった。謝ろう」
 全く悪びれずに言う。
「集めたんですか、これ」
「もちろん」
「暇なんですね」
 湖冬はため息を吐く。
「ああ、暇すぎてな。だから誘いに来たのだ」
 翡翠はにやりと笑った。
「さあ飲むぞ」
「これが肴ですか」
「悪くないだろう?」
「ええ、いいですね」
 音もなく猫と男はかき消え、残された花が舞う。甘い香りは彼らの後を追うように、するすると霧散していった。


--
テキレボ9の300字SSポストカードラリー参加作品の長いバージョン

以下、元の短いバージョン。

2019.10.22 19:21(Tue)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 十月病 | 最新タイトル |

タイトル

アーカイブ

作品検索