HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

新しい靴下の消失

 靴下が消えた。
 二足セットの新しい靴下だ。リビングで開封して、寝室に持って行ったときにはすでに一足だけになっていた。
 自分の動作を思い出しながらリビングまで戻ったけれど、廊下には何も落ちていなかった。大した距離ではないし、陰になるものもない。何もないのだ。
 途方に暮れた私は、リビングにいた彼に詳しく説明した。すると、彼は腕組みをする。
「召喚されたのかな」
「召喚? 靴下が?」
「今日は寒いみたいだからさ」
「ああ、吹雪マークついてたもんね」
 隣の平行世界はもうずいぶんと寒いらしい。それにしても、靴下くらいあるだろうに。最新の発熱素材だからか。
「うーん、誰かの役に立ってるなら、仕方ないか」
 納得はいかないけど。
2019.12.08 00:18(Sun)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 冬の夜 | 最新タイトル | 非双方向コミュニケーションの顛末 ― (8)年末 >>

タイトル

アーカイブ

作品検索