HOME > オレンジ宇宙制作室

オレンジ宇宙制作室(創作文章ブログ)

非双方向コミュニケーションの顛末 ― (8)年末

 彼女が越してきてから初めての年末だ。
 クリスマスイブの前の祝日、彼女は部屋に帰ってこなかった。事故や事件だったらと心配していたけれど、いつもテーブルの上に置いてあるメイク道具一式がなくなっていて、外泊の準備をして出かけたのだとわかった。
 真っ暗で静かな部屋の中、僕はひとりだった。時折、外の道を陽気な声が通る。
 恋人がいるなら部屋に呼べばいいのに。僕が見定めてあげるし、おかしなやつならこの黒いもやもやを頭に載せてやるのに。
 僕が一晩かけてどんよりさせた部屋の空気は、帰宅した彼女が一掃した。うきうきと楽しそうに鼻歌まで歌う彼女のおかげで、前日以上に部屋は明るくなったのだった。
 結局、彼女が誰とどう過ごしたのか僕にはわからないままだ。
 今、彼女は旅行の荷造りをしている。何度か電話で母親と話している様子だったから、おそらく帰省だ。
 年越しはまた僕ひとりだ。
 戸締りを確認して、トランクを持った彼女を僕は玄関まで見送る。
『気をつけて。あと、できれば早く帰ってきて。部屋が暗くなってしまうから』
 聞こえていない、伝わらないとわかっている。
『本当は行かないでほしい』
 彼女に手を伸ばす。僕の指先には黒いもやもやが纏わりついている。
 それが彼女の髪に触れる寸前、彼女はくるりと振り返った。
「それじゃ、後はよろしくね」
『え?』
「なんて、誰もいないけど」
 ふわっと笑って、
「行ってきます」
 パタンとドアが閉まる。
 鍵がかかる音を僕は呆然と聞いていた。
 それからずっと彼女の意図を考えるのに費やしたため、僕ひとりの部屋の状況はクリスマスほど悪くならなかった。
2019.12.31 13:27(Tue)| カテゴリー:単品 | 個別表示 |
<< 新しい靴下の消失 | 最新タイトル |

アーカイブ

作品検索